春に向けてカラーチェンジはいかがですか?選択肢はひとつじゃないんです!!

 

こんにちは、エナです(*^-^*)

 

最近あったかい日寒い日が交互に来てて

体も追いつかないですし

服も追いつきません!(笑)

 

暑いと思って薄着すると寒かったり、

寒いと思って厚着すると暑かったり、、

はやく適度に暖かい春が来てほしいものです( ;∀;)

 

 

さて、前回は医薬部外品に分類される

アルカリカラーの種類について

掘り下げてお話ししました。

 

今回は、医薬部外品とはまた別の

化粧品に分類されるものついてご説明していきます!

 

カラーのお話ばかりにはなりますが、

知ると へえ~(‘_’) となりますので

よかったらそのまま読んでみてください!

 


 

 

これは前回も載せていた画像です!

 

まず下から2つ目の箱の中にある

ヘアマニキュアについてお話していきます。

 

 

ヘアマニキュア

 

ヘアマニキュアとはご存知でしょうか??

 

 

髪の表面だけにコーティングするもので、

ヘアカラーのようにキューティクルをはがして

内部に薬剤を浸透させることはしないので

髪へのダメージが少ないです。

 

ジェル状のお薬で、

皮膚に染まりやすいものなので

地肌にはつけない塗り方

塗っていきます!

 

段々ときれいに色が落ちていき、

自然な感じでもとの色味に戻すことができるので

短期間のイメチェンや気分転換に最適です。

 

 

また、ヘアカラーは染みたり

頭皮がかゆくなる方もいらっしゃいますが、

ジアミンアレルギーによる不安はありません

 

ウルハでもヘアマニキュアを使って

カラー施術をすることもありますよ♪

 

 

カラートリートメント

 

では次はカラートリートメントについて!!

 

 

これは明るくすることはできません!

 

なので黒髪に入れることはできません( ;  ; )

 

また、トリートメントなので

髪が傷むことは一切ありません!!

 

これは大きいポイントですよね(*^◯^*)

 

また、HC染料というものが

混ざってできています。

 

HC染料とは?

 

HC染料の分子はとても小さいです。

 

髪の表面の隙間から侵入し、

毛髪内部まで浸透・着色することが可能です。

 

ただし、流出しやすく退色しやすいのが難点

 

この染着力の弱さを補うために、

塩基性染料と併用されることが多いのです。

 

塩基性染料とは?

 

鮮やかな色が出しやすいものです。

 

また、ダメージしている部分、

傷んでいる部分に

色がつきやすくなっています!!

 

カラーやパーマで髪が傷むのは

髪がアルカリ性に傾いているからなのですが、

つまりアルカリに反応する染料だといえますね!

 

この2つが混ざり合ってできているものが

カラートリートメントなのです。

 

 

2つとも、

あんまり聞いたことないなあという方も

いらっしゃるかもしれないですが、

それぞれ特徴があるので

こんな色にしたい!こんなスタイルにしたい!

言ってくだされば

お客様に一番合うカラーをご提案します♪

 

季節はもうすぐ!!

 

カラーで気分転換はいかがですかっ??