マスクの下は乾燥してる?!今知りたい肌事情!!

 

 

こんにちは!

さごちゃんことイサゴです♪

 

今は新型コロナウイルスが流行してまして

みなさまアルコール殺菌や除菌

徹底されていると思います。

 

それで欠かせないのは

わたしは肌荒れをすごくしやすい体質なのですが、

毎日マスクをすると

 

 

ISAGO
おや???

 

 

調子の良かった肌に新しい吹き出物が、、、

 

なんで!!!

 

とくにマスクをする時は最低限のメイク、

しっかりスキンケアなのですが

普段よりメイクしていないのになぜ?!!

と思い調べて参りましたので

ご紹介します♪

 

 

 

マスクでの肌荒れの種類

マスク内側のムレによる肌荒れ

マスクの内側は呼吸によって湿度温度

高くなっており、常にムレています!

マスクによって肌荒れが起こる原因の1つは

雑菌の繁殖です。

これは雑菌にとって好ましい環境で、どんどん

繁殖してしまい、ニキビを起こす原因と

なることがあるのです。

これは、マスクが臭う原因でもあります!

 

 

マスクなど摩擦による肌荒れ

マスクそのものの素材が肌に合わなかったり、

アレルギー反応が起きたりすることが肌荒れの

原因となる場合もあります。

特に不織布マスクに多く、肌への刺激が強い

言われています。

そんな時にはガーゼを1枚挟んでマスクをする

それだけで摩擦を軽減させてくれるので

おすすめです!!

マスクの種類もいろいろあるので

ためしてみてください!

 

 

マスクを外した時の乾燥による肌荒れ

マスクを外したときに起きる乾燥も肌荒れの

原因になることがあります。

着用している間はマスクの内側は湿度が保たれ、

しっとりしているでしょう!

 

しかし!

 

マスクを外すと、外気の湿度が低いために急激に

肌に付着していた水分が蒸発してしまいます。

蒸発するときに肌の角質層の潤いまで一緒に

持っていってしまうため、乾燥が進み、肌荒れを

招くことがあるのです。

 

これは知らなかった人が

多かったのではないでしょうか??!!

わたしも意外でした…!

 

マスクによる肌荒れを防ぐ!

 

マスクの素材に気を付ける

マスクは肌に直接触れるものです。

敏感肌やアレルギー体質など肌が弱い人は、

マスクをするだけで肌に負担をかける事になります

 

そのため、肌荒れを防ぎたいならマスクの

素材にこだわりましょう。

一般に、不織布マスクよりも

ガーゼ素材のマスクの方が肌に優しく、

肌荒れを起こしにくい傾向があります。

最近は不織布マスクでも内側にのみガーゼが

付いているものもあるので

いろいろ探してみるのもアリかと思います!!!

 

マスクのサイズは自分に合ったものを

 

摩擦を防ぐためにもマスクの大きさは大切です。

着用するマスクが大きすぎてブカブカだったり

小さすぎて食い込んでいたりすると、必要以上に

摩擦を起こして肌に刺激を与えてしまう恐れが

あるからです。少し大きめで、かつ

大きすぎない、小さすぎないものを

選びましょう!!!

立体マスクがおすすめです♪

 

長時間の使用は避けていつもよりしっかりスキンケアをする

 

なるべく長時間着け続けないようにすることも

大切です。1日中着けるのではなく、

使用する時間を少なくして肌への負担を

減らしましょう。

マスクを1日着けるのであれば、午前と午後で

1回ずつ変えるのがおすすめです。

普段よりしっかり基礎化粧品で

ケアすることが重要ですね!!!

 

 

マスクは必須だと思いますが

こまめに肌を気にかけてストレスのない

肌環境作りをしてください♪